インシデントレスポンス 超初動の心得(1)
●このコースは、セキュリティインシデントが起きた時、または起きたかもしれないと判断したときに、まずはどのような対応をしたらよいのか、また、どのような対応をしてはいけないのかを、実際に遭遇すると思われるテーマをクローズアップしながら学んでいきます。
●このコースはシリーズでの提供をしていきます。一般オフィスで起きたことを題材にはじまります。インシデント発生現場の社員や部門長の対応について、その先に展開される情報システム部門のさまざまな対応について学習していきます。対応の範囲としては「情報セキュリティ調査専門の業者に依頼する直前まで」のことを中心としてます。しかし、外部の専門業者に依頼する場合でも、どのような調査がなされるのか、どのような報告がなされるのかを理解しておくことが重要ですので、シリーズ後半には知識として概要を学習できるようにコンテンツが準備されていきます。

(1) PCがウイルス感染!オフィス現場、の巻
インシデントが起きた時には”不用意に触るな!”、しかし、”的確なアクション”が重要。
インシデントが起きると、慌てた対応をしがち。しかし、初動の段階で対応を誤ると被害の拡大を招いたり、その後の詳細調査に悪影響を及ぼすことがあります。もちろん、何もせずにいても良くありません。ことが起きてからは時間との勝負ですので、事前に知識を習得し、適切な行動ができるよう準備する必要があります。
或るオフィスで起きたウイルス感染騒ぎから始まります。

コースのカリキュラムは、下方の「コース一覧」から該当コースをクリックするとご確認いただけます。
価格 ¥2,000(税抜) / ¥2,160(税込)
消費税法改正に伴う消費税の取扱い
消費税は、受講開始日時点での消費税率が適用されます。
  受講開始日が2019年9月30日以前:消費税率8%
  受講開始日が2019年10月1日以降:消費税率10%

購入方法に応じた受講開始日の扱い
 ■購入(クレジット)の場合:
   クレジット決済完了日になります。
 ■購入(クレジット以外)の場合:
   2019年9月19日以降の申込は10月以降になります。