脆弱性ハンドリング
このコースでは、ソフトウエア製品及びウェブサイトに関する脆弱性関連情報の取り扱いを始めとする脆弱性ハンドリングのプロセスや技術を学習します。脆弱性とは何かを明確にし、自組織に必要な脆弱性関連情報をどのように収集・管理するか解説します。また、脆弱性ハンドリングの基準とフレームワークに沿って、実例を交えた解説をしますので、体系的かつ実践的に脆弱性ハンドリングに関する知識と技術を習得することができます。
以下の方々への受講をお奨めします。
・情シス・セキュリティ推進部門担当者
・SOC(セキュリティ運用)要員
・CSIRT要員:管理系、技術系
 (マネジメント系  コマンダー、ハンドラー、トリアージ、PoCなど)

コースのカリキュラムは、下方の「コース一覧」から該当コースをクリックするとご確認いただけます。
価格 ¥19,000(税抜) / ¥20,520(税込)