インシデントレスポンス 超初動の心得(3)
  • 任意研修
  • eラーニング
インシデント確定!さあ、どうする?の巻

各種ログ調査と端末の特定や、関係各所へのヒアリングなど、さらなる調査についてどうすれば良いのかを学習します。なお、このタイミングでの重要要素として、不正通信の遮断などの応急措置についても触れていきます。また、ログ調査などをやるためには調査するためのログが存在することが必要です。そのためには、どのようなログをどのように日々管理したらよいのかのヒントについても盛り込まれています。

・ネットワークやシステム運用に携わっている.技術者の方々
・部門の責任者や情報セキュリティ担当者の方々
・組織のセキュリティ委員会やCSIRTなどに所属する方々
インシデント確定!さあ、どうする?の巻
はじめに
動画時間: 1:18 視聴時間:
マルウェアによる通信活動
動画時間: 3:18 視聴時間:
不正通信の調査
動画時間: 1:59 視聴時間:
不正通信を調査するためには
動画時間: 3:32 視聴時間:
不正通信調査のポイント
動画時間: 8:53 視聴時間:
資産管理ログの併用
動画時間: 1:40 視聴時間:
不正通信の例
動画時間: 6:03 視聴時間:
通信ログ取得にあたっての留意点
動画時間: 7:10 視聴時間:
マルウェア感染拡大の可能性
動画時間: 3:47 視聴時間:
マルウェア感染拡大防止の対応例
動画時間: 3:37 視聴時間:
マルウェア感染拡大防止の対応例(参考)
動画時間: 6:47 視聴時間:
対談
通信ログの調査の必要性
動画時間: 4:35 視聴時間:
通信ログからの不正通信調査
動画時間: 7:50 視聴時間:
資産管理ログからの感染原因調査
動画時間: 6:16 視聴時間:
被害拡大防止~フォレンジック調査
動画時間: 8:02 視聴時間: